« ただいま それぞれの居場所 | トップページ | 必死剣鳥刺し »

2010年7月22日 (木)

踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!

踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ! ★★★★★

・・・これは、オマケの★5つですね。
まぁ、一種のお祭りで、ご祝儀ってことで。

すっごく残念! ・・・というほどの残念感はないものの。
なぁ~んか、微妙な感じ。
こう、ぐっと来る場面や台詞が今ひとつなかったというか。

個人的には、やはり、OD2が良かったなぁ。
室井さんの「捜査を立て直す!」以下の場面は、サイコーでしたね。

そういう意味では、TVの歳末SPに近い感じでしょうかね。

まぁ、OD3全体を通して、和久さんにサヨナラして(忘れるわけでは、もちろん、ないのですが)、「次、いってみよ~」の物語だったのかな、とは思いました。

そんな中でも。
真下には、やられました。
このラスト近くの、えぇ~、そうきたかぁ~がなければ、ちょっと(かなり)残念な気持ちで終わったかも。
真下(ユースケ・サンタマリア)、偉大なり!?

こういう、大きな物語が終わりかけた頃に、ふと忘れて、でも、そういえばアノ話どうなった?という小ネタが、油断した頃におっとびっくりな落ちがつくのは、実に、”踊る”らしかったですね。
例えば、歳末SPの「袴田課長のビアジョッキの受難」や、OD2の「署長の不倫疑惑」とか。

OD2やOD3ほど、大騒ぎにしないで、息長いシリーズにするのかなぁ・・・と思いましたが、さて、どうなんでしょ。

|

« ただいま それぞれの居場所 | トップページ | 必死剣鳥刺し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!:

» 踊る大捜査線から学ぶこと [にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ]
映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3』をやっと観に行ってきました。 本広&亀山ラインのせいなのか、君塚さんが暴走したせいなのか、起きえない架空の事件として見れば面白いんでしょうけど、個人的に消化不良でした。 小栗が冷徹なキャラに徹し切れてないし、小泉今日子ば..... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 16:08

« ただいま それぞれの居場所 | トップページ | 必死剣鳥刺し »